2009年05月31日

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸はコンドロイチンというものと結びついて血管より食品からとられた栄養をもらったり、細胞から排出された老廃物を運んだりする栄養の受け取りと排出役割がその一つです。
栄養は腸から吸収されて各細胞に運びます。血管を通して栄養は運ばれるのでヒアルロン酸を含む部分をとおることになりますよね。ヒアルロンさんが欠けているとうまく栄養が細胞に行き渡らずに細胞が老化してしまいます。また、排出も困難になり老廃物がたまりやすくなるでしょう。

関節に関しては別の項でもお知らせしましたが水分が足りないとうまく関節が動かず痛みを発生させてしまいますよね^^

ヒアルロン酸はどれくらい保水しているかというと1グラムで6リットルほど水分を保持できるようです。人間はほとんど水分で出来ていますのでよりよく保持できる栄養素がほしいですよね。
_________________________________________________

ヒアルロン酸って?

よく関節痛に効くといわれるヒアルロン酸ひらめき
ヒアルロン酸が不足するといったいどうなるのでしょうか

ヒアルロン酸を補うことで、皮膚以外にも眼球、関節液、血管などに多く含まれ、目の細胞間のクッションの働き、眼球の形を維持、関節の潤滑作用や緩衝作用、血管での動脈硬化を予防できるとされています黒ハート

このヒアルロン酸は加齢によって減少します。ヒアルロン酸は優れた保水性を持っていますが、そのヒアルロン酸が減少すると肌の水分が十分に保てず、しわ、たるみ、乾燥肌の原因になりますバッド(下向き矢印)

美容整形の世界では、肌のしわ、たるみにヒアルロン酸を直接注射したりされています病院

保水力というのが人間の体には重要、ということになるのですね牡牛座

関節に関していえば関節に水分がないとスムーズに関節が動かないため、痛みとなって現れてしまうというわけですどんっ(衝撃)

今注目のヒアルロン酸のサプリメントはそんな状況を回避してくれると歌われていまするんるん
posted by hiran at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。