2009年12月11日

関節×軟骨×グルコサミン!

関節痛に効くといわれるグルコサミン。

ところでグルコサミンとは何でしょうか。

グルコサミンは体内の軟骨を構成する上で重要な役割を担う成分であり、ムコ多糖類という多糖類の一種です。

このグルコサミンにより、関節の軟骨は守られ、関節の痛みを和らげる効果を実現しています。

関節の痛みに対しては、軟骨の修復を促す効果があると言われ、医薬品よりも効果があるのではいわれてれています。

米国ではこのグルコサミンの効果が指摘され、サプリメントとして摂取する人が増えています。


ただし、糖尿病患者は、病の悪化の可能性をはらんでいるため、専門医と相談した上で、摂取するのが望ましいです。

posted by hiran at 00:54| Comment(0) | グルコサミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。